血流を良くする特効ワザ!

血流が良い方が
免疫力が高くなったり
病気が早く治ることは
広く知られていることだと
思います。

なぜ血流が良いと
カラダに好影響なのでしょうか?

それは、
血流が良いという事は
カラダの隅々にまで
血液を届けることが
できるからです。

このことから
考えてみても

「血液」が免疫をあげたり
身体を治していることが
分かると思います。

血流が良いということは
カラダの隅々まで
身体を治す立役者である
血液が届けられていると
覚えてください。

血流を良くするには
いくつか方法があります。

では、どんな方法があるのかを
見てみましょう。

血流を良くする代表的なものは

・お風呂につかる
・運動をする
・身体の緊張をとる
・呼吸を深くする
・カラダを温める食べ物

などが挙げられますが

食べること以外で上記の行動を
する際に意識をして欲しいのが

「舌の位置」
なのです。

脳にとって舌の位置は
めちゃくちゃ重要なのです。

なぜならば
脳にとって舌は
脳が緊張するのか
リラックスするのかを選ぶ
スイッチになるからです。

具体的に説明すると

舌が上顎についていると

脳はカラダが
正常な状態であると
認識ができて
リラックスをします。

逆に舌が上顎から
離れていると

脳はカラダになんらかの
異変があると認識をするので
緊張をしていきます。

脳が緊張をしているのと
リラックスをしているのとでは

入浴も運動も呼吸も
結果が相当変わってきます。

身体の感覚が敏感な人なら
分かると思いますが

舌を上顎につけるのと
つけないのでは

呼吸の深さも
カラダの柔軟性も
全然違うことが分かるはずです。

舌の位置だけで
カラダの柔軟性が変わる事は
あなたも体感できますよ。

やり方は前屈テストで
柔軟性を確認します。

立った状態で前屈を
するのですが

初めは舌を上顎から外し
口を開けた状態で前屈をします。

床と指先の距離を
覚えていてくださいね。

次に舌を上顎につけて
上下の歯が当たらないようにして
唇を閉じます。

これで前屈をします。

ほどんどの人が
舌を上顎につけた方が
前屈がしやすくなります。

これは
舌を上顎につけることで
脳がリラックスをするので
筋肉のバランスが良くなり
前屈がしやすくなるのです。

今回の重要なポイントなので
繰り返しになりますが

・・・
軽く舌を上顎につけることで
脳はリラックスをします。

・・・

これは身体の神秘です。

脳がリラックスをすることで
入浴の効果、運動の効果、
カラダをゆるめる効果、
深呼吸の効果が高まります。

とても簡単なことで
効果が倍増するから
やらないと損だと思います。

健康なカラダの基本は
舌の位置は上顎に軽くつけ
口の中を完全に塞ぎます。

上下の歯は必ず
離してくださいね。

このことで
口呼吸はできなくなり
鼻呼吸になります。

吸うのも吐くのも
呼吸の基本は
鼻呼吸です。

口呼吸が基本なら
鼻はいりませんよね。

発生学でも
鼻と口は別系統で

鼻は呼吸器系
口は消化器系なのです。

なので人間の基本は
舌を上顎につけて
鼻で呼吸をするのが王道。

しかし、例外の時も
あります。

軽い運動なら
鼻呼吸でできますが

少し強度が強くなると

息が荒くなるので
口呼吸に変わります。

この時は大量に酸素が
カラダに必要なため

口呼吸に変更されますが

舌先だけを上顎につければ
口でも呼吸ができます。

これで呼吸は荒くなるけど
舌先が上顎についているから

脳はリラックスをして
カラダを動かすことが
できます。

ちなみに試してみれば
分かりますが

真夏に犬が
ハアハアとしているように

上顎から舌を離して
口でハアハアと
荒い呼吸をしてみてください。

たぶん、
リラックスできる感覚は
無くなるはずです。

なので
できるだけ舌を
上顎につけるように
意識をして過ごします。

舌も筋肉でできているので
他の筋肉と同じように

鍛えなければ年齢と共に
退化をしていきます。

舌が上顎がからすぐに
離れてしまうという人は

それは舌の退化です。

この現象は
姿勢の悪い人や
高齢者に多いですよ。

でも安心してください。

そんな人でも
舌を上顎に付けることを
毎日意識をすると
舌が鍛えられて上顎に
付くようになってきます。

舌が常に上顎に
つけられるようになると
姿勢も良くなり
若くみられるようになります。

それと舌は呼吸だけに
関係しているのでは
ありません。

カラダの繋がりから考えると

舌ー心膜ー横隔膜ー
大腰筋ー内転筋ー足底筋と

舌は足の裏まで
繋がっていますので

舌の位置を正しくすることで
呼吸、内臓、脚まで
カラダの機能が高まるといった
ご利益があります。

これは凄いことで
カラダの機能が高まるという事は

運動選手ならパフォーマンスが
高まり

肩こりや腰痛で悩んでいる人は
その症状が軽減していきます。

繰り返しになりますが

舌を常に上顎に
軽く付けることで
脳はリラックスをするので
カラダの機能が高まります。

その結果、血流がよくなり
免疫力が上がり
治癒力も上がります。

健康と若さを保ちたいのなら
やらないと損ですね!

血流を良くする方法で
1つ付け加えると

水分補給が大切です。

上記の血流を良くする
健康法をしていても
水分がカラダに足らないと
血液自体の量が減るので
血流が悪くなります。

水分が足らないと
筋肉や関節が
痛くなる人もいて

冬にぎっくり腰が
多いのも水分不足が
原因だと思っています。

もちろん免疫が下がるので
風邪もひきやすくなりますので
水分不足にはご注意ください。

昔からの言い伝えで
1月にたくさん水を飲むと
カラダが丈夫になると
言われていますので

意識をして水分摂取を
心がけてください!

今回は舌の位置を
正しくする事で血流までが
良くなるという情報を
お伝えしました。

是非参考にしてください。

あなたが
健康でありますように!

藤田 隆弘

お知らせ

<3月東京予約状況>

3/14(日)
満枠

3/15(月)
午前 満枠
午後 満枠

3/16(火)
午前 満枠

キャンセル待ち募集中

<4月東京治療>

4/11(日)
午後

4/12(月)
午前、午後

4/13(火)
午前

4月のご予約は
3/1 朝7時より
ご予約を受け付けます。

東京施術のご予約は「LINE公式アカウント」か「メール」で!

ご意見・ご感想

感想、大歓迎です♪
いただいたコメントにはすべて目を通しています。

いただいたご意見・ご感想は今後の配信内容の参考とさせて頂きます。
※ 個別に返信はいたしません
※ 個人的な病気や症状についてもお答えできません