新型コロナに新治療法!

新型コロナに新しい治療法が
見つかったことを
お伝えしたいと思います。

今は新型コロナに対して
ワクチンしか対応策が
ありませんでしたが

イギリスの
国民保健サービスが

世界の先頭を切って
新型コロナの重症化を防ぐ
薬の使用を正式に発表しました。

この薬は前アメリカ大統領の
トランプが就任中に

新型コロナに感染した時に
使われた薬だそうです。

この薬には
インドをはじめ世界中が
関心を持っている為

来年には私たちの
新型コロナの対応策の選択肢に

ワクチンだけから薬で
治すことも追加で期待されます。

この薬のメリットは
新型コロナ感染の重症化を
防ぐ以外にも

変異株にも
対応できるみたいです。

ちなみにですが
現在のワクチンは
変異株に対応できないことが
分ってきてます。

ここ重要なので
繰り返しますが

国が半ば強制的に
推奨しているワクチンは
変異株に対応しないことが
分かってきてるので

ウイルスが変異するたびに
新しいワクチンを打たないと
いけないということになります。

コロナウイルスって
めちゃくちゃ早く
変異をするウイルスなので

ワクチン派の人は
それだけの接種回数を
重ねないといけないと
いうことになります。

ここで冷静になって
考えて欲しいのですけど、

mRNAワクチンは
今回のように世界中で
新型コロナ感染が広がって
いなければいまだに使用されて
いないワクチンです。

人間に使用するには
安全性や副作用が未知なので
まだまだ研究段階のワクチンです。

今回は緊急だから
使っているだけなので

安全性は全く
保証されていないのが
現状です。

しかも、変異株に
対応できないとなると

その安全性が保証されていない
怪しげなワクチンを
何回も打つことになります。

悲しいかな、被害者は世界中で
後を絶たないと思います。

効くか効かないかわからない
バクチみたいな
mRNAワクチンを打つよりも

私たちは
ワクチン以外の方法を
探さないといけません。

なので、今回イギリスが公式に
発表した薬で新型コロナ感染の
重症化を防ぐ取り組みは
期待が持てます。

この薬のことは
世界のニュースでは
大きく取り上げられてますが

日本のメディアでは
ほとんど発表されていないのが
悲しい現実です。

日本の政治やメディアは
私たちの命を真剣に
守ろうとしているのでしょうか?

残念ながら
そうとは思えないのが
辛いところです。

とにかく、これからの
新型コロナの大流行に対しての
世界のトレンドは

ワクチンから薬へと
変わっていくことに
なると思います。

ワクチン接種を迷っている人は
少しでも順番を後にしても
バチは当たらないと思いますよ。

今回の新型コロナへの
新薬開発の物凄い分かりやすい
解説動画をご紹介しますので
是非ご覧ください。

・・・

「今後期待が持てる新療法」

https://youtu.be/Gl-sAgSWC0w

・・・

今回の内容が
あなたの為になれば
幸せです。

あなたの不安が
消えますように!

藤田 隆弘

・・・・

先日ご紹介した
ワクチンの解毒に期待が持てる
グルタチオンを飲んだ人から


ワクチン の副反応が少なかったと
報告がたくさんあります。

ご紹介した iHerbのサイトが
英語表記になっている方は
Select Your Languageで
日本語に変えれます。

iHerbホームページ
https://iherb.co/xwo3PEK

Now Foods グルタチオン
https://iherb.co/59B7JQj

.

お知らせ

< 9月 東京治療 >

A  9月12日(日)
13:40 - 17:00
満枠

B 9月13日(月)
9:00 - 13:00
満枠

C 9月13日(月)
14:20 - 18:00
満枠

D  9月14日(火)
14:00 - 16:00
満枠

< 10月 東京治療 >

A  10月10日(日)
13:40 - 17:00
満枠

B 10月11日(月)
9:00 - 13:00
満枠

C 10月11日(月)
14:20 - 18:00
満枠

D  10月12日(火)
14:00 - 16:00
満枠

キャンセル待ち受付中!

ご予約は
下記欄からできます。

LINE予約の方は
事前登録をお願いします。

東京施術のご予約は「LINE公式アカウント」か「メール」で!

ご意見・ご感想

感想、大歓迎です♪
いただいたコメントにはすべて目を通しています。

いただいたご意見・ご感想は今後の配信内容の参考とさせて頂きます。
※ 個別に返信はいたしません
※ 個人的な病気や症状についてもお答えできません