エアコンによる体調不良対策!

エアコン無しでは
生活できないほど
蒸し暑い日が続いています。

暑い外から室内に入ると
エアコンが効いているから

「涼しくて気持ちがいい」

と思いますが

スーパーや飲食店に長くいると

「ちょっと、寒いかも」

となったりしませんか?

ましてや

エアコンをガンガンに
効かしている会社で
デスクワークをしていると

寒いを通りこして
筋肉や関節が痛いと感じる人も
多いのではないでしょうか?

30度を越すの夏では
エアコンは必需品です。

そのため
暑い空気と冷たい空気を
交互に体験しながら
生活をしています。

つまり
暑い屋外と涼しい室内の
温度差を繰り返し生活しています。

人によってはこの温度差の
繰り返しが体調不良の
原因になっていることが
少なくはありません。

=====
次のような症状は
ありませんか?

=====

エアコンをつけて寝ているのに
朝起きるとカラダがだるいや
筋肉がひきつる。

人によれば
ギックリ腰、寝違い、頭痛も
あるかもしれません。

内臓の症状でいえば、

・胃もたれがする
・お腹が張る
・下痢
などの症状が出ていませんか?

これらは
エアコンによる体調不良かも
しれません。

もし思い当たるのなら
今回お伝えする方法を
試してみてください。

・・・・・

暑い屋外と涼しい室内を
何回、何日も繰り返していると
体調が悪くなっていく原因は

「汗の内向」
よるものです。

======
汗の内向とは?
======

「汗の内向」を
初めて聞く人の為に
簡単に説明します。


東洋医学では
次のように考えます。

普通は体温を冷ますために
体内から体外に向けて
汗が出ますが

その時に
エアコンによって
身体が急激に冷やされると

出るはずの汗が
用済みとなり体内に
戻ってしまう現象を
汗が内向するといいます。

=====
汗が内向することで
2つの身体の問題が生じます。

=====

一つ目は
「冷え」です。

健康で体力のある人だと
内向した汗は
オシッコやウンチ(下痢)で
排泄しますが

体力低下や免疫低下があると

内向した汗が
上手に体外に
排泄できないため

体内に残り
冷えの邪気(エネルギー)である
「寒邪」となり
冷え性の原因となっていきます。

2つ目は身体の中に
冷えの寒邪が溜まってくると

身体は防衛本能が働き
それを追い出すために
反対のエネルギーである
「熱」が生じます。

予定通りに
「熱」が「寒邪」を
追い出せれば良いのですが

追い出せない場合
身体の中の「熱」は
役目を果たせないまま

身体に良くない
「熱邪」と変貌し
体内に熱が過剰にこもった状態と
なります。

つまり東洋医学では
有り余ったエネルギーは
身体には良くない
「邪気」となると考えます。

大ヒットした「鬼滅の刃」でも
鬼はもともとは人間でしたね。

良き人間もその力を
間違って使えば鬼となる。

それと同じで
身体に必要な汗も
冷えの原因の「寒邪」になり

寒邪を追い出すための
熱が「熱邪」となり
身体の不調の原因となります。

さらにこの熱邪ですが
身体の中に溜まってくると
熱中症の原因となります。

・・・

ここまでをまとめると

エアコンで冷やされた汗は
身体の中に内向していき
毒となります。

体力がある人や
自然治癒力の高い人
身体が強い人は内向した汗を
上手に排泄できますが

そうでない人は内向した汗は
冷えや熱中症の原因となります。

=====
内向した汗の対策
=====

それでは、内向した汗の
対策をお伝えします。

方法は超簡単で

入浴後にバスタオルで身体を蒸し
体内に溜まった内向した汗を
出しきります。

具体的には
汗をダラダラかくくらいに
お風呂に浸かった後

バスタオルで身体を包んで
自分から出る熱で身体を蒸します。

バスローブがあれば
最適ですが

なくても何枚かバスタオルを
使えばできます。

身体を蒸すときは
部屋のエアコンは
つけていても大丈夫です。

ただし、直接身体に
風を当てるのは避けましょう。
扇風機も同じです。

身体を蒸す時間は
汗が止まり身体が
クールダウンするまでです。

身体を蒸している間に
お水は飲んで良いですが

常温の水、もしくはそれに
ひとつまみの天然塩を
入れても良いと思います。

冷たい飲み物は
逆に内臓に熱を溜めますので
避けてください。

お風呂の温度と時間は
個人差はあると思いますが

だいたい20分間以内で
ダラダラと汗が出るくらいの
温度が良いと思います。

僕の場合だと次のような感じです。

45度 20分間
47度 10分間
48度  5分間

48度!!!!と
びっくりするかもですが

僕の身体は熱い風呂に
適応していますので
風呂の温度は常に45度以上です。

逆に、僕は42度以下で
30分以上入浴すると
体調が悪くなります。

自分の身体が軽くなるや
睡眠の質が良くなる
風呂の入り方や温度を
見つけると健康を維持できる
資産になりますので

風呂の温度は何度と
決めつけないで
いろいろと試してみてくださいね。

・・・・・

エアコンで身体の不調を
感じている人は原因が
「汗の内向」かもしれません。

内向した汗の対策として
入浴で汗をかき

その後に
バスタオルで蒸すことを
実践してみてください。

経験すると分かりますが

バスタオルで蒸した後は
内向した汗が外に出されて
身体が軽くなりスッキリとします。

寝る3時間前にすると
睡眠が深くなり
朝すると1日の活力が湧きます。

別の方法では内向した汗は
汗をかきながら食べる
熱くて辛い鍋でも改善出来ます。

いろいろと工夫をして
身体の中から汗をかくように
してみてください。

命に関わるような重病以外なら
病院や薬に頼らずに
食や日常生活を見直すと
大体は乗り越えられます。

その情報源の一つとして
このブログが役に立てれば
幸いです。

あなたの身体が
この夏を乗り切れますように!

藤田隆弘

.

お知らせ

< 大阪治療院 >

8月 休診日なし
お盆期間中も通常治療

06-6923-4777で
当時休診の有無を
電話確認できます。

< 9月  東京治療 >

A  9月11日(日)
13:00 - 17:00
満枠

B 9月12日(月)
9:00 - 13:00
満枠

C 9月12日(月)
14:20 - 17:00
満枠

D  9月13日(火)
14:40 - 17:00
満枠

キャンセル待ち受付中

< 10月  東京治療 >

A  10月9日(日)
13:00 - 17:00

B 10月10日(月)
9:00 - 13:00

C 10月10日(月)
14:20 - 17:00

D  10月11日(火)
14:40 - 17:00

9月1日 AM7:00
予約受付開始

ご予約は
下記欄からできます。

東京予約専用LINEを
ご希望の方は事前登録を
お願いします。

東京施術のご予約は「LINE公式アカウント」か「メール」で!

ご意見・ご感想

感想、大歓迎です♪
いただいたコメントにはすべて目を通しています。

いただいたご意見・ご感想は今後の配信内容の参考とさせて頂きます。
※ 個別に返信はいたしません
※ 個人的な病気や症状についてもお答えできません