春に怒りすぎると?!

節分がすぎて暦の上では
春になりました。

実際には沖縄を除いて
日本各地はまだまだ
寒い日が続いていますが

あと1ヶ月もすると
ようやく暖かい日が
やって来ます。

東洋医学では
節分から4月半ばまでは

筋肉が引きつる季節と
されていています。

筋肉が引きつることで
それまで症状が無くても

結構な激痛の
膝痛・腰痛・首痛などが
突然襲いかかってくる
ケースがあります。

原因としては
春は朝晩が冷えるから
筋肉が引きつるとも
考えられますが

===========
実は、私たちの「感情」に
とても関係があります

===========

感情にはご存じのように
喜怒哀楽があり

これらが適度に
表現されていれば
心も健康的なのですが

喜び過ぎたり
悲しみ過ぎたりするなど

感情も度が過ぎると
カラダに悪い影響がでると
東洋医学では言われています。

今回お伝えしたいのは
春に怒りの感情
度が過ぎると

この過剰なエネルギーにより
筋肉が引きつることとなり

先ほど言いましたような
突然の激痛を伴う

膝痛、腰痛、首痛となる
可能性が高いのです。

つまり、

===========
春に怒りすぎると
どこかが突然痛くなる
可能性があるということです

===========

では、
人はなぜ「怒り」という
感情を持つのでしょうか?

それには次の理由が
考えられます。

思い通りにならない

邪魔をされる

強制される

理解できない

体調がすぐれない

精神状態が悪い

カラダに痛みを感じる

絶望感や無力感になる

これらが原因となって
「怒り」という感情が
出ることは誰でもあるのですが

怒ることが長く続くと
そのことでカラダに
悪影響が出ます。

特に春は怒りの感情によって
予期もしない突然の痛みが
襲いかかってくるので
気をつけてください。

怒りとは、

==============
相手や自分に腹を立てることで
湧いてくる感情です。

==============

そのことは自然であって
人間は誰しも持つものですが

怒りを持ち続けると
自分に災いとなって
突然あなたに襲いかかってきます。

怒っている上に災いなんて
踏んだり蹴ったりです。

そうならない為にも
あなたが怒りを感じていると
気がついたら

次のことを試すのが
オススメです。

深呼吸をする

大丈夫と気持ちを変える

ストレス解消をする

運動をして血流を良くする

などをして怒りの気持ちを
手放すようにしてください。

仏教では怒りは
108個ある煩悩の中で

最もカラダに悪いとされる
煩悩」の一つ。

怒りの感情は私たちにとって
猛毒だと言っても
言い過ぎではないです。

そんなもの持ち続けたら
病気になるし不幸になります。

なので、さっさと
手放した方が自分の為です。

そして最後に大事なのが

=====
笑顔です
=====

怒りの感情を中和するのが
楽しいの感情です。

人は楽しいと笑顔になります。

が、

楽しくなくても
笑顔にしていると

脳が騙されて
楽しい気分になってくると

脳科学で証明されているので
春は笑顔で乗り切りましょう!

今回の内容をまとめると、

春は怒りの感情を
持ち続けると

突然、激痛が
出ることがあります。

怒りが出た時には
深呼吸やストレス解消、
運動や血流を良くして

怒りを手放す習慣を
持つようにしてください。

そして、笑顔が大切!

あなたに素敵な春が
きますように!

藤田隆弘

.

お知らせ

< 大阪治療院 >

・ 3月 14日、15日、16日は
休診させて頂きます

・4月より治療費を改めさせて頂きます

< 3月  東 京 治 療 >

A 3月10日(日)
13:00 - 17:00
満枠

B 3月11日(月)
9:00 - 13:00
満枠

C 3月11日(月)
14:00- 16:00
満枠

D  3月12日(火)
14:00 - 16:00
満枠

E 3月13日(水)
9:00 - 12:00
満枠

キャンセル待ち募集中!

< 4月  東 京 治 療 >

A 4月14日(日)
13:00 - 17:00

B 4月15日(月)
9:00 - 13:00

C 4月15日(月)
14:00- 16:00

D  4月16日(火)
14:00 - 16:00

E 4月17日(水)
9:00 - 12:00

3 月 1日 7:00AM
受付開始

ご予約は
下記欄からできます。

東京予約専用LINEを
ご希望の方は事前登録を
お願いします。

東京施術のご予約は「LINE公式アカウント」か「メール」で!

ご意見・ご感想

感想、大歓迎です♪
いただいたコメントにはすべて目を通しています。

いただいたご意見・ご感想は今後の配信内容の参考とさせて頂きます。
※ 個別に返信はいたしません
※ 個人的な病気や症状についてもお答えできません