”食欲の秋”と思っている人は要注意!

朝晩も随分と
寒くなってきたので

やっと「秋」が
やってきたねぇ。

やっぱ、秋は食べ物が
美味しいねぇ。

食欲の秋だから
たくさん食べようねぇ。

と思っている人。

それって
間違ってます

正確に言うと、

先週まではそれで
良かったのだけど

今週からは
食事を控えて胃腸を
休める時期になるのです。

もし、この時期に毎日
たくさんガツガツ食べて
胃腸に負担をかけると

免疫力が下がり
これから来る寒い冬に
病気にかかりやすい
体調になることを

健康ライフを目指す
あなたには知って欲しい。

なぜこのような事が
言えるのかと説明すると

暦の上では
11月21日から
「秋の土用」
となっているからです。

秋の土用とは、
暦の上で秋と冬の間の
ことです。

・・・

今年は
10/21~11/7になります。

・・・

そもそも「土用」とは
立春・立夏・立秋・立冬の
前にある18日間のことを
さしています。

東洋医学では
季節と食養生のことが
昔から研究されていて

土用の期間に
暴飲暴食をすると
健康を害するとされています。

西洋医学でも
消化力と治癒力の
関係は深いとされていて

消化をする力は
カラダを治す治癒力の
一部とされていることから

消化する時間や量が
多くなるほど反比例して
カラダを治す力が下がると
言われています。

これはつまり
消化酵素と代謝酵素の関係です。

簡単に言うと
胃腸を休めないと
治癒力や免疫力が下がると
いうことです。

東洋医学では
食べても良い時期と
胃腸を休める時期を
しっかりと決めていて

その胃腸を休める時期が
暦の上で季節と季節の間の
「土用」というわけなんです。

今年の秋の土用は
10/21~11/7 の
18日間です。

この時期に
胃腸に負担をかけない事が
夏の疲れ、秋の疲れをとり
寒い冬を乗り切れるキモと
なります。

そうは言っても
秋の土用の18日間を
断食するのはあまりにも
過酷すぎますよね。

そこであなたに
やって欲しいアイデアとして
次のようなものがありますので
参考にしてください。

「間食をやめる」

「食事の量を2割減らす」

「1日、2食にする」

「ファスティングをする」

「週1でプチ断食をする」

「お腹が減ってから食べる」

「乳製品を減らす」

「アルコールを減らす」
(これが僕の課題です)

「ジュースを減らす」

「砂糖を減らす」

などなど。

とにかく11月7日までは
胃腸に負担をかけないように
することを

健康を望むあなたの
優先順位の上位に
しましょう!

何事も物事には
因果関係があることは
ご存知ですよね。

そう考えると……..。

あなたがこの冬に
風邪やインフルエンザで
辛い思いをする原因が

秋の土用の期間である
今週や来週の食べ過ぎが
深く関係していると
いうことは1mmも
否定できないのです。

なので11/7までは
胃腸に負担をかけない事を
真剣に考えてみてくださいね。

ご参考に僕の
この期間の食養生は

質の悪いものを
たくさん食べるよりも

質の良いものを
少量で満足することを

自分の脳に言い聞かせて
みたいと思ってます。

あなたの健康ライフの
アイデアとヒントに
してみてください。

それでは、また!

.

お知らせ

< 大阪治療院 >

8月 休診日なし
お盆期間中も通常治療

06-6923-4777で
当時休診の有無を
電話確認できます。

< 9月  東京治療 >

A  9月11日(日)
13:00 - 17:00
満枠

B 9月12日(月)
9:00 - 13:00
満枠

C 9月12日(月)
14:20 - 17:00
満枠

D  9月13日(火)
14:40 - 17:00
満枠

キャンセル待ち受付中

< 10月  東京治療 >

A  10月9日(日)
13:00 - 17:00

B 10月10日(月)
9:00 - 13:00

C 10月10日(月)
14:20 - 17:00

D  10月11日(火)
14:40 - 17:00

9月1日 AM7:00
予約受付開始

ご予約は
下記欄からできます。

東京予約専用LINEを
ご希望の方は事前登録を
お願いします。

東京施術のご予約は「LINE公式アカウント」か「メール」で!

ご意見・ご感想

感想、大歓迎です♪
いただいたコメントにはすべて目を通しています。

いただいたご意見・ご感想は今後の配信内容の参考とさせて頂きます。
※ 個別に返信はいたしません
※ 個人的な病気や症状についてもお答えできません